組織概要

日本フロシオ会(JFIA:Japan FROSIO Inspectors Association)は日本国内のFROSIO検査員資格を有する者、その他の賛助者、関係法人が会員となり、FROSIO検査員資格の地位向上、便宜の確保及び発展を図るとともに、FROSIO本部に対しての所持資格の各種手続き代行などの一般的なサポートを実施することを目的として設立された任意団体です。 2009年9月16日、国内におけるFROSIO有資格者やFROSIOに関する業務関係者の有志が集い、今後国内のFROSIO有資格者及び関係する皆様のサポートと業界発展に寄与することを目的として正式に発足しました。
会員への最新のFROSIOに関する情報提供や、日本国内でのFROSIO表面処理検査員資格保持者のサポート、広報活動など、幅広い活動を行っております。

名称
日本フロシオ会(JFIA:Japan FROSIO Inspectors Association)
役員一覧
会  長藤原 治郎
副 会 長結城 保則 / 宮本 武
事務局長結城 吾郎
監  事矢嶋 宏行 / 高田 篤志
所在地
東京都千代田区富士見2丁目2番10号
連絡先
TEL:03-5275-5834 / FAX:03-3263-4073
設立年月日
2009年9月16日
会則
日本フロシオ会 会則(PDF)
設立総会
設立総会(PDF)

御挨拶

日本フロシオ会会長

藤原 治郎

2015年7月、第6回日本フロシオ会総会で会長に任命されました藤原治郎でございます。 FROSIO(表面処理検査員の教育と資格認定制度)は船舶と海洋構造物の塗装が行われる被塗面の表面処理と塗装状況を検査する検査員の資格認定システムです。FROSIO SCHEMEに基づき教育と認定を目的とする非営利団体として1986年設立され表面処理、防食塗装検査の国際的な資格として認知され、FROSIO有資格者は全世界84ヵ国、7994名となっています。2006年12月IMO(国際海事機構)は、船舶の安全面から防食基準PSPC(防食塗装基準)を採択し有資格者の検査を義務付け、FROSIO資格はIMO/PSPC有資格検査員として認知しました。 FROSIOは、2014年新たに石油、ガス開発業界が必要する絶縁(Insulation)の教育と認定を開始しています。石油、ガス開発業界は絶縁体のエネルギー効率、絶縁体内部のメンテナンスは大きな課題となっています。英語での教育と認定試験になっていますが、今年6月に韓国釜山で開催されました。 FROSIO有資格者の活躍の場である造船、船舶、海洋開発、石油、ガス、プラント関連業界は、表面処理、防食、防汚、材料選択、メンテナンス等の多くの課題を抱えています。加えて、近年は作業環境、地球環境、エネルギー問題とさまざまな対応を迫られています。このような状況下、私たちFROSIOの果たすべき責任は、FROSIO有資格者の皆さんが切磋琢磨され、適切な判断と助言により業界の長期的な成長に貢献することだと考えます。

General Manager of FROSIO

Mr. Ole Stræte

To the members of Japan FROSIO Inspector Association (JFIA)

FROSIO is a member organization established in 1986 by the industry to meet a growing demand of qualified and certified personnel on all levels within management, production and inspection of work within corrosion protection and surface treatment. In 2012 FROSIO established a similar system for training and certification of insulation inspectors. The IMO resolution MSC82 Performance Standard for Protective Coatings was adopted in December 2006. To ensure that the required quality is met, IMO recognises FROSIO Certified Inspector Level III as qualified. I am proud that the FROSIO certification system is required in regulations, standards and specification and that FROSIO is considered one of the best systems for certification world wide. The ship building yards in Japan are of high quality and must comply with IMO regulations, among them the PSPC requirements for ballast tanks. Together, JFIA and FROSIO certified inspectors contribute to achieve the required quality control and quality assurance. To ensure that our quality demands are met in Japan, ClassNKCS and FROSIO made an agreement in February 2015. Class NCKS will be our subcontracted certifying body in Japan. JFIA was established in 2009 and have both personal and corporate members. During this time, JFIA has contributed to keeping the high quality in our industry. I would like to thank JFIA for the cooperation with FROSIO and for the proactive leadership of JFIA which will benefit our quality goals.